17. 2月 2015 · Write a comment · Categories: iPhone · Tags: , ,

かんたん割引計算アプリ「waribiki」の最新バージョンがめでたくリリースされました。ぜひ使ってやってください。



さて、このwaribikiですが、アプリ内でiADを表示させています。他のnend等の広告は使用していません。ここが理由でアップデート申請リジェクトを喰らったので、メモとして残しておきます。

 IDFAを使用しますか?は「いいえ」にする

nend等の広告を表示せず、iAdのみの場合はここを「いいえ」にします。


スクリーンショット 2015-02-08 12.23.57


ここを「はい」にして申請したところ、PLA 3.3.12でリジェクトを喰らいました(泣)
Appleとしては、ガイドラインで宣言されている広告にiADは含まれていないのでIDFAは使用しないを選べということだそうです。
ガイドライン読めって話ですが、日本人にはツラい…




 スクリーンショットにiADを入れてはいけない

スクリーンショットに広告が無いのに、インストールしたら広告が出るのは嫌な感じがしますが、iADを写したスクリーンショットで申請をするとリジェクトの対象になります。iADの入ったスクリーンショットを使用して申請をしたところ、3.2 – Apps with placeholder text will be rejectedでリジェクトされました(泣)
コレはかなり納得がいかない。広告がないと思ってインストールしたユーザにかなり怒られますよ。しかし、広告を異様に嫌がるのは日本人だけらしく、アメリカ人は広告を出さないなんて気持ち悪いと感じるそうです。そういった背景があるからでしょうか?


iOSの申請周りはアプリの作成より面倒くさいんじゃないかという気がしていますが、私めげない!!

それでは。